読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六華 銀花 sakura舞う 2

旅行記 時々不思議なお話

夏祭り・・・・・

自治会の班長全員夏祭り実行委員とか

出れない人は班内の誰かに頼んでとか強制的なお知らせ

こっちは不定休のシングル族だってばよ―――!

子供いない限りマンション内でおつきあいないって――の!

おまけにマンション住人は同じ班で班長が7人もいるってばさ

誰か子持ちがいけばいいんじゃ・・・・・ブツブツ・・・・・

それに女班長は飯炊きだから朝8時集合

小耳にはさんだ話によると名簿チェックしてるそうな

そんなわけで3日間あるけど今日だけ参加してみた

 

すると!すると!!!・・・・・なんということでしょう!!!!

6人しかきてないじゃ-ーーーーーーん!!!!!!!!!

育英会の若いママがウロウロしてたけど、年齢的に(子供いないが)

俺、あっち側じゃね?

 

メニューは炊き込みご飯(なんでカレーじゃないんだってばよーーー)

椎茸と人参切ってたら、お約束の流血事件!!!!!

バンドエイドもないから挙動不審にうろうろし、なんとか頑張った

それで一人が用事があるからちょっと帰るっていうんで便乗する

「何時に戻ってくればいいですか?」

「・・・・・・・・・・・・」

「11時?」

「朝来て野菜切ってもらったし、大丈夫ですよ。」

えっ!? いきなりの戦力外通知?

「大丈夫、大丈夫、どうぞどうぞ~~」

えっ・・・・やっぱり戦力外通知かよ?

 

 

なんということでしょう!   俺ってば朝から何も食ってない

弁当貰うまで帰れるか!!!!つーーーーの!!!!

 

そういうことで11時に再登場だよ、おばちゃん!!

 

そんで嫌がらせのように登場してみると、120人分の盛り付けがまっとった

子供とビール飲みのおっさんらとママ達がわーーーと来て

終わっても何も言わないからよ

俺ってばおばちゃんの「どうぞ、た・・・・」で弁当喰っちまったってばよ

f:id:makyumakyunoki:20150718133208j:plain

炊き込みご飯にヨーカドー作の魚肉ソーセージと青のり竹輪天ぷら

 

1人、どうしたもんだかばーちゃんがいて

「発泡スチロールないかしら?そのほうが氷溶けないし。

あららら、氷が大きいから入らないわ。金づちで砕いて、ねえ?」

で、氷の彫刻が始まる

「こんなにこげついちゃって、重曹がいいのよね。」

と、小分けパックを買ってくる

それから丸のままいれるはずの竹輪とソーセージを

真っ二つにしてしまう

素手でおかずを盛ってしまう

水道水で麦茶をつくってしまう

 

「夕方はそーめんだから。16時に集合でいいわね。」

ええっ!!!!!  夕方?

 

残った炊き込みご飯 おばちゃん大盛りで持ち帰り

俺ってば、渡されたご飯がなんか少ねえってばよ・・・・・・