読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六華 銀花 sakura舞う 2

旅行記 時々不思議なお話

マチュピチュ  聖なる広場

f:id:makyumakyunoki:20160814220745j:plain

ミニ植物園から更に上に行くと聖なる広場につきます。

f:id:makyumakyunoki:20160814220841j:plain

東向きに建つ3つの窓の神殿の窓は、夏至の日の出が差し込むように創られています。

向かい側に置かれた柱や3つの段が刻まれた変な石に冬至の陽が当たれば、伸びた影がインカの世界観を現すシンボルを刻みだすそうな・・・・。

f:id:makyumakyunoki:20160814221038j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814221148j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814221230j:plain

3つの窓の神殿の手前に大きな石が置かれており、儀式で生贄を捧げる時につかわれたのでは?と言われています。

f:id:makyumakyunoki:20160814221841j:plain

子供から若者、中年まで沢山の人がいます。

日本人女子らがこの石のところに陣取ってどかないんだよ

f:id:makyumakyunoki:20160814221339j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814221423j:plain

るるぶ見ながらルート相談していた

奥にあるのが主神殿。

f:id:makyumakyunoki:20160814221532j:plain

天地創造神ヴィラコチャを祀っています。小さな台形の17の棚には宝飾品やミイラが置かれていたと言われています。

f:id:makyumakyunoki:20160814221633j:plain

祭事の時の神官らの待機場所だそうです。

f:id:makyumakyunoki:20160814222009j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222107j:plain

ここから今度はマチュピチュで一番高い場所に登っていきます。

f:id:makyumakyunoki:20160814221722j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222159j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222238j:plain

エコーの部屋。

f:id:makyumakyunoki:20160814222326j:plain

四角い窪みに叫ぶと声が反響するそう。

・・・・ていうか、こういう窪みにミイラが飾られていたんじゃなかったっけ?

f:id:makyumakyunoki:20160814222421j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222510j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222550j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814222630j:plain

そうするとインティワナタに到着します。

f:id:makyumakyunoki:20160814222715j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814223007j:plain

パワースポットだと言われていますが変な形の石です。

f:id:makyumakyunoki:20160814222922j:plain

f:id:makyumakyunoki:20160814223129j:plain

中央に立つ四角い柱の角が東西南北を示しており、角柱の対角線上を冬至の太陽が通過すると言われ、日時計ではないのかという説もありますが何に使われていたのかはわかっていないそうです。

また影を利用したシンボル的なものなのかな?