読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六華 銀花 sakura舞う 2

旅行記 時々不思議なお話

新潟で雪堪能

先月に行った新潟日帰り旅行です

いつものコースだけど。

越後ゆきくら館ではバスが埋まるほどの雪が積もっていました

f:id:makyumakyunoki:20170411135457j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411135551j:plain

雪をこんもり乗せた地下室の雪室貯蔵庫にはお酒が保管されています

f:id:makyumakyunoki:20170411135637j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411135713j:plain

酒造の中を見学していろいろ試飲させてもらいましたが

おじさんおばさんをかきわけ大変でした

f:id:makyumakyunoki:20170411135755j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411135830j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411135905j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411135939j:plain

ここで買ったショウガのリキュールがまだ冷蔵庫にあるよ~~

f:id:makyumakyunoki:20170411140020j:plain

また酒粕を買ってしまいました

鮭の頭の粕汁がおいしいけれど、年に1回作るかどうか・・・・・

友達は普通に毎日のお味噌汁にいれていると言ってました

でも最近は優秀なインスタントばかりだから需要がないなあ~~

ランチは鯉がいっぱいいるいつものレストハウス越後です

f:id:makyumakyunoki:20170411140329j:plain

ウニ、いくら板のせ一人船盛

f:id:makyumakyunoki:20170411140448j:plain

甘エビが大きくておいしかったです

f:id:makyumakyunoki:20170411140549j:plain

たらばとホタテ陶板焼きもついています

牡蠣と鱈鍋もおいしかったな~~~

f:id:makyumakyunoki:20170411140810j:plain

川端康成さんが雪国を執筆した宿、高半で源泉かけながしの温泉に入ります

しかしおばさんたちで混んでいるので時間をずらすことにして

文豪が泊まっていたお部屋と資料館を見学しました

f:id:makyumakyunoki:20170411141135j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411141207j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170411141246j:plain

文豪には粋な女性がつきものだわね~~

時間つぶしに暖炉の前でしゃべっていたけれど、白人さんらがうろうろしていて

こんなところまで泊まりにくるのかと思いました