六華 銀花 sakura舞う 2

旅行記 時々不思議なお話

エーゲ海クルーズ ミコノス島

 

f:id:makyumakyunoki:20170925155924j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925140129j:plain

エーゲ海の真珠と言われる島には18時に到着です

接岸下船ですが、混雑を避けるために16時から整理券が配られ

その番号順に下船となります

f:id:makyumakyunoki:20170925160057j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925140441j:plain

ガイドさんが整理券をとってくれたので、ラウンジに集合して順番を待ちます

下船するときにIDカードの読み込みチェックがあります

乗船の時も行われ、乗り遅れた人がわかることになります

f:id:makyumakyunoki:20170925160308j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925140704j:plain

町中まではシャトルバスでの移動となっており、最終バスは22時半で

トルコのクシャダスに向けての出航が23時です

f:id:makyumakyunoki:20170925141145j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925141220j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925141258j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925141334j:plain

18時でもこのとおり日は長くて、たっぷり遊べます

カト・ミリの風車までガイドさんが案内し、その後フリータイムになります

お小遣い稼ぎですけれど、かわいい子供がへたっぴなアコーディオン

道端のあちこちで弾いています

大人は傍らに犬とか猫とかを置いて客引きをしています

f:id:makyumakyunoki:20170925141557j:plain

写真を撮ったらお金を要求されましたがスル~~~

f:id:makyumakyunoki:20170925142013j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925155827j:plain

エーゲ海周辺の国々はヨーロッパと中東のはざまでペルシアに数百年の支配時代もあり、トルコと同じ厄除けの目玉製品が売られています

f:id:makyumakyunoki:20170925142546j:plain

津波にあったら被害大きそうな湾ですね

f:id:makyumakyunoki:20170925142712j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925142803j:plain

途中ではぐれても消えても問題なく、ガイドさんはずんずん進んでいきますが

オールドポートの聖ニコラス教会まで来ました

f:id:makyumakyunoki:20170925143022j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925143058j:plain

白鳥かと思ったけれど、首が短いからアヒルかな???

f:id:makyumakyunoki:20170925143249j:plain

残念ながら島のアイドルのペリカン、ペドロには会えませんでした

パラポルティアニ教会の横をすりぬけ、人ごみの中リトルベニスを進みます

f:id:makyumakyunoki:20170925154624j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925154729j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925154802j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925154839j:plain

かわいいお店がありますが、日没に間に合うようにどんどん進んでいくと

海に出て、レストランやカフェをすり抜け風車が見えてきます

f:id:makyumakyunoki:20170925155030j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925155106j:plain

みんな、なんでこんなに夕日がみたいんだろうね~~

これは席取り激戦区ですな~~~

f:id:makyumakyunoki:20170925155258j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925155349j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925155443j:plain

美味しそうだな~~と思いながら先に進みます

f:id:makyumakyunoki:20170925160703j:plain

やっとカト・ミリの風車に着きました

f:id:makyumakyunoki:20170925160942j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925161101j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925161210j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925161349j:plain

みんな日没を待っています

f:id:makyumakyunoki:20170925161510j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925161558j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925161647j:plain

このあとはガイドさんと夜ごはんを食べに行くという一行と離れ

お買い物にいきました

f:id:makyumakyunoki:20170925162420j:plain

この島は風が強いので、風を避けるために町中が迷路のような小道になっています

迷っても、下れば必ず海岸にでるので大丈夫ですね

f:id:makyumakyunoki:20170925162654j:plain

パラポルティニ教会が美しいです

f:id:makyumakyunoki:20170925162906j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925163943j:plain

かわいいお店がたくさんありましたが、セレクトショップばかりで

どこも値段がかわいくない

一番物価が高いのはミコノス島だそうです

オリーヴの真空詰めもどきだけ買いました

匂うしべとべとしてる感があるので、多分漏れていると思われる・・・・

でもスーツケース持ち帰りで大丈夫でした

ギリシャは猫が多いと聞くが、遭遇率は低かった

島では3匹くらいしかみかけませんでした

f:id:makyumakyunoki:20170925163550j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925163622j:plain

種類は日本系猫が多いですね

ぶらぶらしていると、ガイドさん一行とすれ違う

一人一品注文を迫られ、お店がきまらないそう

どこまでも強気なミコノス

さすがに世界のリゾート地

お店で値切ることはできないですな~~~

私たちは疲れたので、20時過ぎには船に戻ってきました

そして4階のレストランでご飯を食べました

そしたら並んだ順に席に詰め込まれるんですねーーー

外人カップル2組と相席になってしまい、英語できないから居心地が悪い・・・

これはおひとり参加だときっつい仕打ちですね~~~

英語できれば大丈夫かもしれないけれど。

まあ・・・ビュッフェでも相席になることがありますが、席は自分で選べるし。

日本人担当らしいウエイターが注文聞きに来たので

早々に退席したいし、そんなにお腹がすいていないので友達とシェアするといって

一皿ずつ頼んだはずなのに、一人一品きましたよ、ちょっと!!!

タコのマリネ

f:id:makyumakyunoki:20170925165114j:plain

フェンネルは邪魔だが上にかかったチーズとのコラボがよかった

お魚

f:id:makyumakyunoki:20170925165343j:plain

ステーキが山盛り、ソースどばっだったのでこれにして正解

相席の外人は、日本人食べるのおっそ!だからスリムなの?

私、速いから太るのかしらねえ~~と、言っていたらしい

f:id:makyumakyunoki:20170925165915j:plain

デザートでキャラメルマキアートを頼んだらアイスできた・・・・

とにかくカプチーノ系はくるまで時間がかかる・・・・・

多分マシーンが遠く離れたところにあるのかもしれない

f:id:makyumakyunoki:20170925170034j:plain

こういう席でも開き直って写真を撮るのであった

 

 

エーゲ海クルーズ セレスティアル・オリンピア号 2

f:id:makyumakyunoki:20170924224427j:plain

ピレウス港を出ました

避難訓練の前だったと思いますが、ツアーの集合場所案内の時に

ツアーではソフトドリンク飲み放題がついているけれどアルコール飲み放題の

申し込みがありました

ブルーが32ユーロでワインは赤・白・ロゼのみ、プレミアムがもっと高くて

ワインの種類などがいろいろ選べるようになり、フレッシュジュースが頼めます

私たちはブルーにしましたが、ワイン以外はプレミアムしか飲めないものは

ほんの数種類しかなくて問題ありませんでした。フレッシュジュースは頼めなくても

ノンアルコールカクテルを頼めば同じようなものですからね

この日飲んだのは白ワイン1杯・アルコールカクテル1杯・ノンアルコールカクテル2杯・カプチーノ1杯・キャラメルマキアート1杯

メニュー表を部屋に持ち込んで何が飲めるのか英語解読しましたよ~~

ソフトドリンクだけの方は、何が飲めるのかわからずコーヒー、紅茶、

コーラなどしか怖くて注文できなかったみたい

ストロベリーダイキリとモヒート

f:id:makyumakyunoki:20170924232425j:plain

ミコノス島には夕方に着く予定で、ツアーのみんな揃ってランチを食べました

ご夫婦1組が集合説明をちゃんと聞いていなくて現れず、部屋にもいなくて

ガイドさんがやきもきしていました

9階のプール脇のレストランはずっとビュッフェですが

4階のレストランは朝昼がビュッフェ、夕食がアラカルトになります

レストランは揺れの少ない船尾にもうけられています

4階のレストランの様子

f:id:makyumakyunoki:20170924224905j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170924224946j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170924225028j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170924225100j:plain

ビュッフェは9階より4階の方がおいしいと思いました

船の中の室温は暑がりの外人仕様でキンキンに冷やされています

お部屋の温度調節もマイナスとプラスの目盛りしかないので調節がきかない

 

f:id:makyumakyunoki:20170924225511j:plain

テンダーボート待ちや夜のショーなどで使われるステージ兼ラウンジは

誰もいないと冷凍庫にいるよう・・・・・

f:id:makyumakyunoki:20170924232233j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170924232316j:plain

大勢集まると体温で温められるのでましになります

ランチが終わると今度はこの船でただ一人の日本人スタッフのショーコさんから

ラウンジで船内生活の案内とウエルカムミーティングがあります

行方不明だったご夫婦をここで発見しました

一番重要なのは一人1枚渡されるクルーズIDカードをいつも持ち歩くことです

このカードは部屋の鍵であり、飲み物を注文するたびにウエイターに渡さないといけないし、船でのショッピングでの提示、乗船下船時の人数確認や身分証明に使われます

レストランでペットボトルの水をもらうのにもいちいち提示を求められます

奥さんが持っているからいいやともっていかないと下船拒否されるし

降りた島でカードをあづけていた奥さんとはぐれて迷子になると乗船拒否されます

自分のカードは肌身離さず持っていなくてはいけません

とにかくカードをしょっちゅう提示しないといけないのでカードホルダーを

持参するといいですね~~

船でカードに穴をあけてひもを通してもらうと2ユーロとられます

それから船内新聞が毎日夜に配られるので、集合時間やドレスコードなどを

確認しなければなりません

説明会が終わると今度はオプショナルツアーの申し込みがあります

ここにくるのは一生に一回だからだと毎日オプショナルツアーを申し込むと

超ハードスケジュールになります

オプショナルの出発は朝7時だし、夜のショーに参加すれば寝れなくなるから。

それにツアー参加だとほとんどお土産を買うことができない

そしてオプショナル代は2~3時間観光で65~70ユーロとバカ高い

ガイドさんが言うには、1~2日は遅く起きて船でまったりしたほうがいいそう

もともとこのツアーにはミコノス島観光とサントリーニ観光がついているので

私たちはロードス島終日滞在の日にゆっくりすることにして、オプショナルは

2つだけ申し込みました

部屋に帰ってゆっくりすることもなく、今度はガイドさんの船内案内に行きます

参加者は5、6人・・・・・

4階にフロントと免税店があります

f:id:makyumakyunoki:20170925000107j:plain

カジノ、フォトショップ、スパは5階

ジムは小さくて、サウナや卓球台などがありました

9階はプールでご覧のように小さいです

プールの海水は毎日取り換えられています

f:id:makyumakyunoki:20170925000723j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925000830j:plain

プールの横のオープン席と、奥にレストランがあります

f:id:makyumakyunoki:20170925000954j:plain

レストラン入り口はいってすぐ横に秘密のドアがあり、そこのエレベーターで

12階にあがると素敵なバーがあります

f:id:makyumakyunoki:20170925001325j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925001411j:plain

私たちは毎日そこに入り浸ってましたが、ほとんどの方がここへの来かたが

わからないらしくて誰もいないし、絶景だしとても素敵でした

(窓が汚れているのが惜しかった)

f:id:makyumakyunoki:20170925001556j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925001625j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170925001657j:plain

これからミコノス島観光なのでノンアルコールカクテルのゴールデンアカプルコ

パイナップルデライトをいただきました

 

エーゲ海クルーズ セレスティアル・オリンピア号 1

ピレウス港からいよいよエーゲ海クルーズに出発です

私たちの船はカジュアル船なので、ドレスなど気張らなくていいです

クルーズに慣れてきたら豪華客船に挑戦したいと思います

とにかくクルーズはお金がかかるよ

それなりのお船になるとドレスや靴、アクセサリーに下準備がいります

水着だって新調しないといけないし、まあ・・・旅行は行く前が楽しいっていうけれど

f:id:makyumakyunoki:20170922214901j:plain

船にはこのようにベルトコンベアで荷物を運び、部屋の前に置かれますが

時間がかかるのですぐ使うものは手荷物で持った方がいいです

f:id:makyumakyunoki:20170922215018j:plain

船に乗り込む前の手続きで、パスポートはお船に没収されてしまいます

引換券はスーパーのレシートみたいなやつでなくしそうな代物・・・・

船で使うお金をカード払いにする人はカードの手続きも一緒にします

そして写真を撮られて、あとで2枚で10ユーロという値段でほしい人は買うことに。

f:id:makyumakyunoki:20170922215419j:plain

船に乗るのを待つ人々を見ると、外人はおじいちゃんおばあちゃんが多いですね

トルコ人やアメリカ人、ギリシャ語を話す近隣の人が多いみたい

私たちのツアーでは最高齢が80歳の女性でお一人参加でした

外見も若くて、杖なしで歩き耳も目も大丈夫ですが、自分の老後のことを考えると

とてもとても海外旅行なんて想像できません

あとから聞いたら、飛行機で体調を悪くして便器抱えて吐いてて

船に乗ったあとも丸一日寝ていたそう

でも添乗員さんにだけ伝えて、みんなに気づかれないようにしていた気丈なお方です

でも小柄で小さいから、ツアーの強行軍についていくのは大変でしたでしょう

迷子になったり集合場所がわからなくなったり周りが助けないといけません

海外に出ると日本人同士、いたわりあわないと危険が倍増しますからね

私たちは寝る以外は外にでているだろうと思い、窓なしの安い部屋にしました

f:id:makyumakyunoki:20170922220928j:plain

ほんとに狭いです・・・・・

スーツケースはベッドの上に載せないと荷物整理ができません

多分ベッドの上のでっぱりを下すと2段ベッドの4人部屋になるんだと思います

f:id:makyumakyunoki:20170922221220j:plain

ドアを入ると救命胴衣が詰め込まれた衣装棚と引き出し付きの台があります

それと左のベッドの足元にも金庫付きの衣装棚がついています

テレビは見なかったけど航海中は映るのかな?

ドライヤーはついていました。金庫は開かなくなったりすることが多いので

使わない方がいいと説明されました。

船のフロントで貴重品を預けられると思うけれど、スーツケースに鍵かけて

しまうしかないでしょう

ハウスキーパーはその仕事専門で派遣なので、しょっちゅう合鍵を使って

部屋に侵入してくるので注意が必要です  それも男ばっかりじゃ~~

いつも廊下を巡回しています

掃除不要というカードをさげましょう

ちょっとした留守の間に入り込んでいて、そして掃除は行き届いていない・・・

足ふきマットは交換しないでたたんだのか濡れたままだし

毎日キャンデイ1袋あげても丁寧にならなかった・・・・

プール用タオルとお風呂用のタオルはタオルアートで使われて手垢付きじゃ~~!

f:id:makyumakyunoki:20170922222442j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170922222758j:plain

これ、ほんとにかわいいと言っていられない

使わないタオルでやるんだったらいいんだよ~~

「ジギー、うさぎタオル使っていいよ」と言われた日にゃ、絶望したわ

こんな力いっぱいねじんなくても・・・・・きもちわるっ!

それから引き出しに化粧道具とか下着とか詰め込んでたら

下の段に移動されていてぞっとしたわ~~

私たち、帰りの荷物を軽くしようと古くなった下着とか寝巻とか靴とか捨ててたし

(もちろん見えないように隠して)

派遣外人にあさられてたかも。

そういえば他の人のブログに、一人旅でいったらハウスキーパーにせまられたとか

他の客にも声をかけまくっていたとあった

船は上下関係が厳しいそうで、修理関係のおじさんにキャンデイ1袋あげたら

ハウスキーパーの顔色をうかがっておどおどしてて気の毒でした

とにかく何かあったら船長に言いつけるしかないな

洗面台です。   歯ブラシやスリッパやバスローブもないです

シャワーの中に泡立たない液体石鹸とシャンプーがあります

f:id:makyumakyunoki:20170922224415j:plain

湯舟はなくてシャワーだけど、めちゃせまい!!!

f:id:makyumakyunoki:20170922224605j:plain

巨大外人は入れないと思うんですよ 絶対

みんなどうしているのかな~~と疑問でしたが・・・・・

ツアーの方の一言で解消

「いや~~、プールが海水だから疲れがとれるよ」

げっ!!!そーいうことか!!!!

ジャグジーあるし、それからジムにサウナがありました

スパもあるしね

ちなみに窓付きはこの部屋にちっさい窓がつくだけで24000円高

とにかく広くて快適な部屋にしたければバルコニー付きのスイートしかない

10万くらい高くなるけれど。

お部屋でほっとしている間もなく、義務化された避難訓練が始まります

f:id:makyumakyunoki:20170922230650j:plain

船は寄港地の間をずっと周遊しているので毎日誰かが乗り込んでくるんだけど

毎日避難訓練をしているのか? それともピレウス港だけなのか?

私たちは最低の部屋だから、避難も後回しにされて溺れて死んじゃうんだよ~と

言ってましたが、ドアに書かれている集合場所に行くようになっていました

英語の放送だし、そこがどこなのか下見が必要じゃんと恥ずかしながら

救命胴衣抱えて放送前に出発したら、フライングする人が多かったですね

集合したら救命胴衣を着るように言われます

部屋ごとに乗り込む救命ボートが決まっていて10人単位で整列させられて

男性は後ろに追いやられ、おばあちゃんは前に出される感じでした

そして救命胴衣に書かれている番号をチェックされて全員が揃わないと終わらない・・

・・・・もしかして本番も全員が揃わないとボートに乗れないのか???

救命ボートは映画とかでよくみるゴムボートじゃないんだね~~

f:id:makyumakyunoki:20170922231922j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170922232003j:plain

島に接岸できないときに使うボートで、50~100人乗りの遊覧船まであります

写真のは小さいボートです

お客さんが昼間観光にでている間に、スタッフだけの避難訓練もしているそう

夜、寝入っていて英語放送があっても気づかないかも・・・?

起こしに来てくれるといいんだけどね、自己責任かな?

 

エーゲ海クルーズ プラカでフリータイム

アテネですが、お昼と夜のご飯がついてませんでした

プラカ地区で1時間45分くらいのフリータイムになります

で、ガイドさんがレストランに連れて行ってくれるというので乗っかることに。

f:id:makyumakyunoki:20170920235753j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920233222j:plain

18人くらいいったかな~~?

4人席になりシェアすることにしました

タコの炭火焼、イカのフリット、チーズを焼いたもの、グリーンサラダをいただきます

写真を撮るのを忘れてしまいました

ビールを飲んだらまずかった・・・・どこで飲んでもギリシャビールはまずい

一人12.5ユーロでした

それから集合場所のシンタグマ広場にあるマクドナルドに向かいますが

集合時間を守らない人や途中でショッピングのために消える人が続出します

f:id:makyumakyunoki:20170920235847j:plain

夜ごはんのために現地ガイドさんおすすめのスプラキピタを買うことにしました

スプラキピタやギロピタは、お肉の塊を薄くスライスしてヨーグルトと玉ねぎなど

と一緒にピタパンにはさんでくれるものです

日本でもトルコ人などがアメ横とかでお店をやっていて食べられます

f:id:makyumakyunoki:20170920234116j:plain

マクドナルド角のエルムー通りを入った右側にあるお店で

お父さんが呼び込みをしています

ビールと一緒に買って3ユーロでした

f:id:makyumakyunoki:20170920234742j:plain

私はポークで友達はチキン

テイクアウトと言ったのに、アルミホイルに包んでビニールに入れてくれませんでした

美味しかったけれど冷めてヨーグルトがピタパンにしみてて全部食べられなかった

ベストウエスタンカンディアホテルに泊まりましたがまあまあでしたよ

翌日の朝ごはん

自家製のもったりしたギリシャヨーグルトに、いろいろフルーツを突っ込んでみた~

f:id:makyumakyunoki:20170922213906j:plain

 

どこでも売っていたギリシャ風洋服に目がいきましたが・・・・

f:id:makyumakyunoki:20170920235245j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920235346j:plain

この胸の空き具合では何か下に着ないとね~~

f:id:makyumakyunoki:20170920235548j:plain

外人が着ているとかわいいんだけど・・・・

強気な値段で40や50ユーロはかわいいほう

ちょっといい服は一桁違いますからね

f:id:makyumakyunoki:20170921000035j:plain

あちこちに植えられているこれは月桂樹で料理にも使うけど

ドラマや映画でみる冠とかに利用されている木です

 

レストランからプラカまで歩いて移動でしたが、おひとりで来ていた女性が

バスを待っている時に泣いて座り込んでしまいました

気分が悪いのかなと思ったら現地ガイドと残られ、スリにあったみたいという話

翌日、本人に聞いてみたら移動中に財布を落してしまったそうです

現金半分とカードがなくなってしまいました

船でのオプショナルツアーを申し込んだら、お土産代がなくなるとのこと

船などでキャッシングできるカードを持ってきてなくて

みんなお金をかしてあげるよと言ってましたが

結局旅行会社から貸してもらい、成田空港に着いたら即返すことになったみたい

そんなわけで、現金は小分けにすることと

使えるカードを2枚もったほうがいいことを学びました

 

 

 

 

 

 

エーゲ海クルーズ 6人の乙女

f:id:makyumakyunoki:20170920211506j:plain

乙女かどうか知らないがエレクティオン神殿です

アクロポリスで最も神聖な場所とされていて紀元前406年に建てられました

東にアテナ、西にポセイドンと火と鍛冶の神エレクティオンを祀っていた

1987年に復元されました

f:id:makyumakyunoki:20170920211822j:plain

 

アテナが送ったとされるオリーヴの木は新しく植えられたものです

f:id:makyumakyunoki:20170920212804j:plain

アテナは戦の女神でアテネの守護神です

なんでこんなにアテナを信望しているのかというとペルシアとの戦があるわけ

f:id:makyumakyunoki:20170920221727j:plain

メディアの子分国だったペルシアが反乱を起こしメディアを征服

ペルシアに対し反乱を起こしたリュディアとイオニアを負かし大国になっていきます

f:id:makyumakyunoki:20170920161135j:plain

そんななかミレトスがペルシアから船200隻を借りてナクソスに乗り込むが

負けてしまいペルシアに怒られると、逆にアテネを扇動してペルシアに対し

反乱を起こさせるが大敗してしまいます

ペルシア王ダレイオスは鼻にもひっかけてなかったアテネ

戦をしかけてきたことにご立腹しマラトンの戦いが始まります

そしてなんと!ギリシア192人に対してペルシア6400人の死者を出し

勝ってしまうんですね~~~

f:id:makyumakyunoki:20170920221953j:plain

ダレイオスのアテネへの憎しみは息子クセルクセスに受け継がれ

20万以上の兵士と金も時間も惜しみなく使って結成されたペルシア軍がやってきます

f:id:makyumakyunoki:20170920222118j:plain

ギリシアのポリスがまとまらない中、スパルタが映画300にあるとおり立ち上がります

なんで300というタイトルかというと、戦争をしてはいけない祭りの期間だったため

スパルタ王レオニダスは300の兵士しか駆り出せなかったから。

f:id:makyumakyunoki:20170920222256j:plain

実際は他にいたテーベ兵400人はペルシアに寝がえり、いろんな裏切りによって

望みがなくなりダレイオスは死ぬのは自分たちだけでいいと帰そうとしたが

テスピアイ兵700人は

「スパルタだけどうして残しておけようか」と言って共に玉砕の道を選びました

この犠牲的行動がギリシアをひとつにまとめます

f:id:makyumakyunoki:20170920222347j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920222424j:plain

テミストクレスマラトンの大勝利と同じ時期に発見された銀山で

浮かれ騒ぐ市民に対して平等にみんなでわけようとしていたお金で

船を買っておこうと提案しました

f:id:makyumakyunoki:20170920222512j:plain

そしてアテネに上陸してアクロポリスの街を破壊したクセルクセスに

海軍一発勝負を挑みます

そして狭い水道にペルシア軍を誘い込み、ギリシア40隻に対してペルシア200隻の

船を沈めクセルクセスを撤退させることに成功します

f:id:makyumakyunoki:20170920222752j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920223309j:plain

立役者であるテミストクレスは幾年かはちやほやされますが、やはり嫉妬深い

市民らに疎まれ追放されましたが、なんとペルシアに売り込んでマグネシアの

長官になりました

こんなふうに敵同士寝返ったり裏切ったりするのが、エーゲ海の歴史の特徴ですね

だから戦の神を大事にし、勝利の女神ニケが逃げていかないように

翼をとった銅像を造るわけです

f:id:makyumakyunoki:20170920224755j:plain

これはゼウス神殿かな?

さてさて帰り道は横の通路に押し出されてしまいます

f:id:makyumakyunoki:20170920223418j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920225135j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920225222j:plain

ほんとにどうしようもない小さなお土産屋さんと

大繁盛のスムージーやビールを売るお店しかありません

暑いので4.5ユーロの100%イチゴとレモネードのスムージーをいただきました

 

 

エーゲ海クルーズ パルテノン神殿

アクロポリスは高さ70mの丘で聖地です

紀元前12世紀に初めの神殿が建てられましたが、紀元前480年にはペルシア軍に

破壊されています

パルテノン神殿はじめ、紀元前5世紀頃に建設された遺跡が残っています

民主制で建てられたので市民共有財産でした

その時の弁舌な将軍ペリクレスデロス同盟金庫から金をだし

国を彩る建物を作るのにそこから金を使うのは当然の権利だとのたまわった

 

17世紀は廃墟でしたが19世紀から保護や復元がされ始めました

f:id:makyumakyunoki:20170920151728j:plain

崖下にヘロド・アッテイクス音楽堂を望むのが最初の写真撮影ポイント

f:id:makyumakyunoki:20170920153440j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920153548j:plain

紀元161年に建設され、32段の席に5000人が座れるそう

今も音楽祭やコンサートに使われています

青と白の大理石で造られた前門

もう風化されて青なんてわからないけれど

f:id:makyumakyunoki:20170920154125j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920154230j:plain

大理石は滑りやすいし階段は急だし大混雑なので危ないです

転倒落下する事件があるので注意しましょう

f:id:makyumakyunoki:20170920154718j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920154936j:plain

帰りは人ごみに押されて横道入ってしまったりするので

ガイドさんの説明そっちのけで撮影会をしたほうがいいですよ

f:id:makyumakyunoki:20170920155054j:plain

この絶景ですからね~~

f:id:makyumakyunoki:20170920155242j:plain

やっと門をくぐります

f:id:makyumakyunoki:20170920155548j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920155620j:plain

はい  みえてきました、パルテノン神殿

f:id:makyumakyunoki:20170920155708j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920155926j:plain

残念ながら工事中

f:id:makyumakyunoki:20170920160005j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920160104j:plain

ていうか~~~ いつ来ても工事中なんだそうだ

全然修復が進みません

だって観光中は工事の人いないし、一体いつやっているんだろう?

金と象牙で造られた12mのアテナ像が置かれていたのですが

5世紀にビザンチン帝国によって持ち去られています

18世紀まで屋根があったそうですがヴェネチア海軍の砲撃で

神殿をトルコ軍が火薬庫にしていたので引火しぶっとんだそうな

パルテノン神殿は、壮大な一つの彫刻として見えるようにいろんな工夫がされています

すべてが曲線で、離れて見ても同じように見えるように柱や基壇の高さや太さ

長さを綿密に計算してできています

そして全部の柱が中心に向かって傾斜しています

写真を撮るときは、反対側で撮るときれいですよ

f:id:makyumakyunoki:20170920160847j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920160917j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920160942j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920212854j:plain

しかし地面は石がごろごろしていて歩きにくいので、気を付けてください

 

エーゲ海クルーズ アクロポリスに登ろう

f:id:makyumakyunoki:20170918204256j:plain

これはプラタナスの街路樹かな?

 

アクロポリスの丘のパルテノン神殿に行く前に、そこで発掘されたお宝を見に

アクロポリス博物館に行きました

猫が多いギリシャで、でぶっちょ野良犬がついてきます

f:id:makyumakyunoki:20170918204455j:plain

トルコでもそうでしたが、首輪をしていても野良

国で予防注射をして管理されているらしい

地中海付近は古代から気候が温暖で安定しているから、様々な文明が栄えては

消えていきました

しかしほんとは土壌が悪くて、ここらへんはオリーヴとブドウしか育たないから

他の食べ物を得るためにエーゲ海を駆使して交易や略奪するしかなかったらしい

 

博物館の地中からも大昔にそこで暮らしていた街の遺跡が出てきています

f:id:makyumakyunoki:20170918204759j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918204902j:plain

こうやって一部強化ガラスの舗道にしてみせてくれます

古代の家の様子がよくわかります

f:id:makyumakyunoki:20170918204957j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918205030j:plain

井戸や公共の水くみ場、下水管までありますよ

地下が一番古くて、博物館の上に行くほど新しい年代になっていきます

つまり掘れば掘るほど古い年代の集落がでてくるのだアテネは~~

チケットを買っている間にトイレに行ってきていいというから

行っていたらその間に説明されたらしくて

カメラ禁止区域の写真を撮って注意されてしまった・・・・・

f:id:makyumakyunoki:20170918205351j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918205434j:plain

外人が撮ってたからいいのかなと思っちゃった

撮影禁止の1階にはパルテノン神殿の前身であるアテナ古神殿の牛を引裂くライオン、

三身の半魚人とかヘラクレストリトン、またお墓の上に死んだ人を模して置いた

彫刻の数々があります

 

3階は撮影オーケーになります

アクロポリスの丘のエレクティオン神殿南側ポーチを支える少女像の本物

f:id:makyumakyunoki:20170918210341j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918210520j:plain

6体あって1体は大英博物館にあります

19世紀にトルコに派遣された英国大使エルギンが、パルテノン神殿を飾り立てていた

彫刻の半分を盗んでしまったそう

だがエルギンはこれらを持ち帰る輸送費で破産したそう

そんなわけで大事ないろいろお宝がイギリスに奪われているので

返還を求めても応じないイギリスへの憤りが激しい・・・・

彼女たちは、アテナとアルテミスの宴に供物を運んでおるそうな

f:id:makyumakyunoki:20170918210841j:plain

こういう銅像とかで昔の衣装や髪形などがわかるそうで、日本の縄文土器から

髪形を実際に作ってみるという特集がありましたね

この6体はそれぞれ着ているものや髪形が違うそうです

ちなみにこれらの彫刻はパルテノン神殿の総監督を務めたフェイディアスの作品

彫刻部分はオールカラーだったそうな

f:id:makyumakyunoki:20170918211003j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918211036j:plain

この豊かな髪は若さの証ですね~~

 

パルテノン神殿のどっかを飾っていたレリーフ

f:id:makyumakyunoki:20170918211439j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918211511j:plain

左がゼウスでアテナ、ポセイドン、アポロンとか勢ぞろい

f:id:makyumakyunoki:20170918211754j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170918211915j:plain

これをみるとポルトガルでみた偉人や王のレリーフを思い出します

ギリシャ神話と聞くと、漫画のアリオンとか映画のパーシージャクソンシリーズが

思い浮かぶのでした

それから世界の始まりで、混沌から大地と愛と奈落ができて神々やできそこないがどんどん生まれてくる過程が、日本のイザナミイザナギからいろんな神や蛭子などのできそこないが産まれる古事記と似ているよね

f:id:makyumakyunoki:20170918212705j:plain

3階は全面ガラス張りになっていて、アクロポリスの丘が見えます

f:id:makyumakyunoki:20170920140000j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920135933j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920140046j:plain

パルテノン神殿を飾っていた様々なレリーフは、茶色が本物で白が復元したところ

f:id:makyumakyunoki:20170920140300j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920140511j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920140623j:plain

4年に1度開かれる祭りの様子が描いてあったり、東側はアテナの誕生、西側はアテナとポセイドンの戦いがテーマになってます

祭りの行列には192人の騎兵が描かれマラトンの戦いで命を落した兵士への

オマージュになっています。

f:id:makyumakyunoki:20170920141437j:plain

うなだれるライオンさん

f:id:makyumakyunoki:20170920141548j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920142126j:plain

それでは、えーーっ!!あそこまで登るの!!!!とびびっちゃう

パルテノン神殿に向かいます

f:id:makyumakyunoki:20170920142038j:plain

ギリシャはほんとに暑い

日本に似て海風のためか湿気があるのでなお暑い・・・・・

f:id:makyumakyunoki:20170920142524j:plain

外人は日焼け命!!!だから露出が激しいが

日本人は日焼け防止に命をかけているからね~~~

だって沖縄の人は泳げない人が多いそうですよ~~

f:id:makyumakyunoki:20170920142619j:plain

そーいえばここのショップで外人が売り物を落として割ってました

スルーしていた気がします

f:id:makyumakyunoki:20170920142706j:plain

f:id:makyumakyunoki:20170920143021j:plain

ギリシャは商売っ気がないというか、博物館やパルテノンとか他遺跡でも

ショップがしょぼい

出土した宝石を模したアクセサリーを売ったらぼろもうけだと思うけど・・・

f:id:makyumakyunoki:20170920143220j:plain

少しでも日陰に入れば涼しいけれど、だだっぴろい道で日陰がないから

スリにびびりながら日陰争奪戦になります

f:id:makyumakyunoki:20170920143451j:plain

そういえばギリシャは日焼け止めを塗っても焼けてしまうから

日焼けしたあとの保護クリームが売っているそうです

f:id:makyumakyunoki:20170920143552j:plain

だらだら歩いていたらアクロポリスの丘に着きました